実践的チームガバナビリティー育成教育
ごあいさつ プロジェクトについて 取組の目的・概要・実施計画 フォーラム・講演会 活動報告 チームワーキングアンケート調査 よくある質問・専門用語解説 取組学部・学科・教員紹介 動画コンテンツ
お問い合わせ リンク集 学内者用ページ TOPページ

よくある質問・専門用語解説


専門用語解説

ここに記載している「定義」は、「実践的チームガバナビリティー育成教育」を企画、実施するにあたって、私たちが使用してきた用語の、現時点での解釈です。今後、本取組の進展に伴い、私たちの考えが深まれば用語の解釈もより明確で具体的になると思います。その場合には適宜、定義の再編集を行います。

演劇型プレゼンテーションキャリア教育クライアントクライアント学コーディネーター
チームガバナビリティーチームパートナーシップチームワーキングチーム統合能力プログラムアドバイザー
模擬クライアント問題基盤型学習(PBL)領域横断カリキュラム臨床ケース臨床メンター(臨床指導者)
臨地シミュレーションチームチームリーダー臨床課題全人的ケア

用 語 定 義
演劇型プレゼンテーション 演劇を媒体とする情報の提供。被情報提供者に興味と共感を喚起することで情報伝達の効率を高める。学習者は学習内容を身体活動に転換し、表現することで、学習内容の整理と、より深い理解に達する。被情報提供者の演劇参加が促がされ、提供者と被提供者が一体となる形式を劇場型プレゼンテーションと呼ぶ。
キャリア教育 現実世界、演劇空間あるいは仮想現実を教育の場として、学習者の人間性、知性、判断力、知識、技術などを総合して現実世界の問題解決にあたらせる経験型教育。学習者は問題の発見、分析、解決を通して、学校教育の現実有効性を確認すると共に、社会的存在としての自らの価値を認識し、学習意欲と社会的適応能力を高める。
クライアント 医療福祉サービスの提供を受ける人という受動的な意味ではなく、解決すべき課題を提供することによってチームの形成を促し、チームの一員として課題の解決に参加し、受益者の側から解決の方向性を定めていくチームメンバー。
クライアント学 人間の尊厳と、高い効率を保証する医療福祉サービスを実現するためにクライアントが医療福祉環境の中で享受すべき自由と、果たすべき能動的役割についての学び。
コーディネーター チーム統合能力を備えてチームをまとめる役割を担うチームメンバー。コーディネーターを務めるメンバーは固定的な一人ではなく、クライアントのその時々の課題に最もふさわしいメンバーが担当する。
チームガバナビリティー チーム統合能力とチームパートナーシップを統合した概念。
チームパートナーシップ 自らの専門が関与すべき領域を自覚し、充分な専門知識、技術を身につけ、チームの中でエキスパートととして期待される役割を果たすとともに、他専門職種を理解、尊敬し、調和の取れた、効率的なチームワーキングを進めて行くことのできる能力。
チームワーキング クライアントの多面的な臨床課題の解決に向けての多専門職種による動的取組。
チーム統合能力 クライアントの臨床課題を総合的に判断し、全人的で効率的な課題の解決に向けて多専門職種からなるチームをまとめ、前進させていく役割を担うことのできる能力。
プログラムアドバイザー 取組の評価、改善への助言を行う外部協力者。問題基盤型学習、模擬患者を用いる教育などに豊富な経験と高い見識を持った教育者、実務家。
模擬クライアント 臨地シミュレーションを実施するにあたってクライアントの役割を、現実感を失わないように専門の修練を積んで、演じる人。臨地シミュレーション後、シミュレーション中にクライアントの心の中に描かれた心理的軌跡を正確に参加学生に伝えるフィードバックを行う。参加学生の言語、動作活動の良否、適否などの評価、判断は行わない。
問題基盤型学習(PBL) 現実世界で生起する問題の発見、解決能力を養うために、現実的な問題の提示から始める学習方法。学生は提示される問題から情報を収集、整理、解析し、解決策を考案する。その過程で、問題発見、解決のために必要な学習を自ら進める。知識(science)が現実問題を解決できる力を持つことを自覚することによって積極的な自己学習に導き、学ぶことの喜びと意義の理解に導くと共に、現実世界の問題解決手法(art)の学習を可能にする。
領域横断カリキュラム それぞれの専門領域の学習で習得した能力を現実世界の問題解決に応用する能力に高めて行くために、専門共通科目として多学科、学部に向けて開講される教育カリキュラム。複数学科、学部に開講される知識伝達型の一般教養教育科目は含まなない。
臨床ケース 問題基盤型学習で模擬クライアントとして学習者に提示される症例。単に臨地シミュレーションにおいて発見、解決されるべき課題を示すだけではなく、社会的、生物学的、心理学的多面性を持つ複雑な存在としての人間、臨地シミュレーションにおいて学習者が模擬クライアントと人間的関係を構築できる全人的存在、として設定、記述される。
臨床メンター(臨床指導者) 専門知識にとどまらず、現実世界で専門職に求められる責任、倫理、思考・行動原理など学習者を総合的、全人的に指導する役割をはたす専門領域の実務家。
臨地シミュレーション 現実の臨地環境を可能な限り再現した物理的、人的空間の中で実体験に匹敵する現実感を持って進める疑似体験。
チーム クライアントの課題の解決を目的として形成される専門職集団。既定的な組織ではなく、課題に応じてメンバーの構成、構造がダイナミックに変化する専門家集団と捉える。
チームリーダー 臨床課題の効率的な解決には課題の構造に応じてチームの構造がダイナミックに変化する必要がある。チームリーダーは当面の臨床課題の解決に最もふさわしいチームメンバーで、チームのコーディネーターである。
臨床課題 生物学的、心理学的、社会学的人間としてのクライアントが内包している問題を総合した概念で、クライアントがいまだ認識したり、言語化したりできていない潜在的な課題も含める。臨床課題は多面的で複合的な構造を持つ。個々のクライアントの臨床課題は個特異的であり、また一人のクライアントの持つ臨床課題も経時的に変化すると言える。
全人的ケア 人間のすべての苦しみは、発生と同時に社会的、生物学的、心理学的側面を持つにいたり、複合化して行く。このような複雑で多面的な苦悩を持つ人を、多専門領域で形成されるチームが有機的連携を持って、個として総合的に癒そうとする行為。






岡山県立大学 保健福祉学部 〒719-1197 岡山県総社市窪木111/TEL:0866-94-2208/FAX:0866-94-2202 Copyright(C) Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University. All Rights Reserved.